2013年4月15日月曜日

ラブライブ! 感想

 ラブライブ!で評価できる点は多い。
シナリオが良かったし、曲が良かったしキャラが可愛かった。俺がアニメを評価する点でこの3つは重要なファクターとなる。
見た当時の感想はこのツイートで。











まず、シナリオの流れとして、廃校阻止がまずは目的でスクールアイドルを始める。
穂乃果、海未、ことりの3人でやってきたが、かよちんの「アイドルに憧れてて」や、凛ちゃんの昔の女の子扱いされない感じとか色々あって女の子の憧れであるアイドルに興味を持ち云々。真姫ちゃんも色々引っ張られ以下略。矢澤にこちゃんは言わずもがなと。

何が言いたいかというと、最終回まで「どうして海未ちゃんがスクールアイドルをしているか」が明確でなかった。穂乃果に引っ張られて始めたのは本編からは明らかであるが。

最終話でようやく「穂乃果やことりが居るから」という理由がはっきりし、3人の和解。この3人から始まったスクールアイドルの焦点が最後に初めの3人に戻ってきたのは良かった。

最終話で気になったカットは、穂乃果ちゃんと海未ちゃんの対比。穂乃果ちゃんが遊んでいる時にみんなが辛い思いをしているという対比で、これだと穂乃果ちゃんだけが悪者みたいになってる。

シリアスが要らなかったような言い方したけど、実際はあって良かったと思う。
酷いシリアスではなかったし、王道的なシリアスだった。

最後のことりも引っ張ってかれるのを待っているっていうのはすごく良かった。みんな穂乃果ちゃんが好きで、ついていける信頼がある。絆がある、友情的なとこもこのアニメの良かったところだと思う。

シリアスの原因だってことりちゃんがああいう性格だとわかるし、海未ちゃんがビンタしたのも納得がいくし、不満無く整合性が取れていたし後味が悪くはならなかったと思う。


あと、俺がよく「1話がつまらない」と言いますが、キャラクターの性格を模索中みたいな感じの違和感があったり、魅力があまり無かったり。その代わり2話から全て面白い。

後はエリーチカ会長の違和感。明らかにアイドルやりたいんだろうなー感はあったけどμ’sに入る時の流れは若干違和感あるし、心変わりしすぎな違和感は拭えない。

そして、8話は本当に神回だった。ここでの「僕らのLIVE 君とのLIFE」は本当に鳥肌で思わず泣いてしまった。曲が初めので思い出深いのでかなり嬉しかったし、映像のクオリティが上がりすぎだし、古参泣かせにも程がある。アニメ化大成功だな、と本気で思えたのは8話かもしれない。

久しぶりにBDを揃えようと思える作品に出会えました、電撃の企画開始当初から応援していたり、ドラマCD聴いて矢澤にこちゃんが大好きになったり、色々あった2年半くらいだった。
本当にアニメ化が嬉しかったし、その上出来が非常に素晴らしいってのがとてもいい。

前述したとおり初めから聴いてるが、全ての曲が好きだったりする。キャッチーでなかったりするが、キャラの特性とかを理解したりして聴き込んでいたら気に入っていた。
アニメの主題歌、挿入歌は非常にキャッチーなものが多いのか、それとも俺がラブライブ!に慣れたのかはわからないがアニメのほうが出来が良い感じがある。「No brand girls」なんかノリが良すぎてかなり高まる。ライブとかで聴きたい。

古参アピールしたけどライブは一度も行ったことがないのが辛い。一度は行きたいって思っても地方民+今年忙しいからなぁ……っていう。

来年からバイト始めるしBOXでも出して欲しいところ。

0 件のコメント:

コメントを投稿