あの花映画

あの花見てきた
アンチっぽく雑に完全ネタバレ



一言でいうとクソというか蛇足というか
言い換えればファン向けというか

完全ネタバレでいきます




上映→CMで中二病とかいう糞アニメが出てくる時点で萎える
本編開始

1年後の舞台。
じんたんがゲームショップでバイトしながらなんだかんだ頑張ってるシーンから始まる
超平和バスターズの5人はめんま宛に手紙を書くという流れ

なんだかんだこのへんは1年後の舞台の描写がしっかりしている

(新規カット)幼少時代の話 めんまと5人が出会う頃の話、仲良くなっていく過程、かくれんぼやゲームの描写

ここまで10分くらい?

残りの流れは
あなる「手紙書けねぇ」
つるこ「伝えたいこと書けばよくね?」プツン


あなる「やっぱ書けねぇ」
あなる「そういえばあの時……」(回想が始まる)

やたら長い回想後
あなる「……があって~」→「手紙カケルワー」


別キャラ「書けねぇ」
別キャラ「そういえばあの時」
以下繰り返し 全キャラやる
これらだけで40分くらいは使ってる

本編描き直ししたかもしれないしセリフ追加あったかもしれないがもうこのたらい回しクソにイライラしていた

(新規描写)成長しためんまの弟登場→蒸しパンを仏壇にお供えするように頼む(蒸しパンの作り方を親父に教えてもらう新規カット)→直接来てもいいですよ、多分母親も…→今度みんなで行かせてもらうよ(終了)

(新規描写)手紙書いてみんなで秘密基地に集まり手紙を燃やしてめんまに宛てる。
→まだ明るくね?→花火するか→つかねぇ→かくれんぼしね?

かくれんぼといえば……(回想)(長い)

かくれんぼ中 あなる「同じとこかくれんなよww」 あなる「やっぱじんたん好きだわ」
あなるのじんたんへの思い、打ち明けないがはっきりする→手紙書き加える

手紙を燃やす。
ポッポ「あの星空はめんまの返事じゃね?(池沼)」
一同「そうだな」

???「そういや打ち上げ花火したよな……(回想)(長い)」



(新規)めんま弟、お供え物する めんま母「あいつら今度呼んでくれよ~頼むよ~」

エンディング

ED後 めんまがちょっとセリフを吐いて幸せなエンド



OVAかTVシリーズでやれ


・新規カット少なすぎ

・回想入りすぎ
・泣ける場所が回想シーンしかない
・あなる可愛い
・1年後のゆきあつ×つるこが見れる
・ロリつるこ最強(回想シーン)

完全にファン向けかな…いや、でもこの回想の数はちょっと視聴者なめてるのかなと
ニコ生で一挙放送見てきた友人はすごく退屈そうにしてました


とりあえずTVシリーズは文句つけません 面白かったし
でも映画は蛇足でした、A-1Picturesさんは制作費回収頑張ってください。

コメント

このブログの人気の投稿

【新作レビュー】microSD対応には期待するな、新型Walkman Aシリーズ「NW-A17」の感想