【新作レビュー】microSD対応には期待するな、新型Walkman Aシリーズ「NW-A17」の感想

11/8発売の新型Walkmanの、Aシリーズ64GB(NW-A17)買いました。
ソニーストアで注文して発売の3日前の発送で発売の2日前に届きました。
ほんとは届いた日に書こうと思ったんですけどめんどくなって溜めに溜めてついに出すことにしました。まだ全然使ってなかったし。














Q.ぶっちゃけ買うべき?

新作だし見た目良いし安いし買う価値はアリ。ただし、SDカード機能に期待、依存する人にはハッキリ言っておすすめしません。つまり、SDを使用しての大容量を考えてる人にはおすすめしません。


今回は32GBモデルと64GBモデルがあり、32のほうは4色、64のほうは2色となっています。
32GBのほうのカラーバリエーションは正直キモいです。
シルバーとブラックがそれなりに良さ気だったのでシルバーにしました。
ついでにムダに高い2kくらいのSONYのケースと一緒に買いました。
ソニーストアで、今までに買った商品を登録すれば割引クーポンが貰えるのでそれで多少安く変えました。










 まずは良い点から解説していきます。

・過去のAシリーズ・Sシリーズなどの従来のSONYの独自OS。
Androidは非搭載。かなり安定していますし、安心感もあります。
わからない人が新しく買う分にも操作で困る事は無いでしょう。
ただ、目新しさは全くありません。完全に音楽聴く端末って感じですね。
ぶっちゃけスマホがこんだけ流行ってる時代にもはやAndroid来てもウザいだけでしょう。
起動とかはそれなりに早いし、電池消費も余裕です。

・物理ボタンオンリー タッチパネル廃止
完全に復活してFやZとは区別化してのA、だと思いますがタッチパネルも無いただのカラー液晶です。

曲が9000曲ある自分としては物理ボタンでの曲選択は苦労するかと思いましたが曲のソートが割りと分類されているし、Classicみたいに日本語対応してないカスみたいな端末じゃないので曲が探しやすいです。

カラー液晶なのでぶっちゃけ安っぽさはあるかもしれないですが安価であることの理由の一つでしょうね。タッチパネルがこんだけ流行ってる世の中でただの液晶っていうのが原点回帰してる感じでSONYっぽくないので好きです。

ボタンは上下左右、決定兼再生一時停止ボタン、バックボタン、オプションボタン、音量+-、ホールドとなりました。背面にリセットボタン。側面は右側だけボタンがあります。

・microSDとの互換性
曲選択画面では全く本体メモリに入ってる曲なのかmicroSDに入ってる曲なのかわからないほど同期されているし、曲ロードなども感じさせないしそれなりに凄い技術かなぁと思います、しかし後述しますがmicroSDにおける不具合も存在するので微妙です。

ただし、本体メモリ+SDのメモリがPCにおいて認識されるわけではないので、曲転送の際は本体メモリに転送、外す、本体操作で曲転送はmicroSDにという設定変更して接続、転送というそれなりに手間です

・割りとかっこいいモデル、便利なサイズ


見かけがかっこいいし、FやZを経験した人間としては非常に小さく感じるので便利です。
タバコと一緒にいれてもあまり気づかない感じです。













・ハイレゾ・Bluetooth対応
まぁまぁ良いんじゃないでしょうか、音も良いし。僕はハイレゾ興味ないですが。
あとハイレゾのシールが邪魔になりそうだけど全然邪魔にならない場所にあるのが面白いですね。
その他新規の音調整機能が増えててそれなりに良かったと思います。

ここからはちょっと気になる点、クソな点、ゴミな点、ウィークポイント、trashでFuckな点を挙げていきます。

・やたらもたつくデータベース更新
再起動しても毎回あります。さほど気になりませんし、Zほどでもないのですがすぐ聴きたい時など少しイラつきますね。
曲転送後はなかなか長かったりします。

・microSDにおける不具合
ここがやたらクソです。まずmicroSDに入ってる曲があるとプレイリストが認識しなかったり、大量(数百単位)に曲をmicroSDに入れた時などかなり長い上に勝手にフリーズして再起動、フリーズして再起動とかし始めてめちゃくちゃ腹立ちました。なので100曲程度ずつ転送してデータベース更新させてからまた再接続、などしてあげるといいでしょう。
実質プレイリスト非対応みたいなもんです。

※追記 Media Goを使用すればプレイリストの作成は可能ですがSD内の曲と本体ストレージ内の曲混合のプレイリストの作成が不可能なのでプレイリストを作りたい曲は本体ストレージ内にまとめましょう。

※プレイリスト作成して本体ストレージに転送されるので作成自体は困らないのですが、SD内にある曲だったりすると重複してしまうので容量がカツカツな人間にはとても面倒だと思います。

とまぁ割りとこんなもんです。悪い点はさほど無いです。
値段はこの機能にして64GBで33,500円+税。さほど悪く無いんじゃないでしょうか。
NW-A16とか買うような多くの曲を必要としないロックじゃない人間には完全におすすめできる端末ですし、かなり良い買い物だと思います。

 ただし、自分のようなプレイリストを非常に多用する人間としては完全に裏切られました。
前日とかウッキウキでプレイリストメチャメチャ作ってたもん。全部使えないなんて聞いてねぇよハゲみたいな。
割りと語る事無くてびっくりです。辛口な自分でも不満点はほぼありません。



正直自分のような曲を大量に持ってる人間はさほど居ないのでかなりいい買い物だと思いますが、曲大量に持ってる人なら操作性糞な上に生産終了したClassicでもいいかもしれないですね。














それなりに良い買い物だとは思います、少なくともZ使ってた自分としては操作の安定感、曲の容量に関してはかなり満足です。プレイリストはほんっっっとゴミだが。

短いけどこのへんで終わります。
PS4買ってウォッチドッグス、サイコブレイク、オメガクインテット、CoD:AW買いましたがオメガクインテット以外飽きました。AWはキャンペーンやったら記事書こうと思います。

コメント

このブログの人気の投稿