【ライブレポート】まさかの神イベだった、リスアニ!LIVE-5行ってきました【1/25~SUNDAY STAGE~】

きっかけは友人の発言だった。
友「リスアニ3連番申し込んどいたから」 

ぼく「なるほどね」


出演アーティスト:Kalafina   ClariS   KOTOKO   ZAQ   fripSide   三森すずこ   LiSA

 異例のチケを申し込んでからアーティストを確認する事態。
本当は1日目も行きたかったんだけど応募数達するの早かったしで行けず。

 場所は日本武道館。
7時の仙台発の高速バスで新宿に13時につき、都営新宿線で8分でつく九段下駅から5分ほどでつく。

席は2階席(アリーナ・1階・2階なので実質的な3階だがとても近い)


15時 開演

MC:鷲崎健
 非常に聴きやすい喋りと面白いトークでつないでくれてよかった。

 開演時わっしーが登場して
鷲崎「うははは今から俺歌うわけでもねえのにフワフワ言っとるww」
で笑ってしまった。
  
 暗転したステージで薄っすら見えるピンク色のスカート。
すぐにLiSAだとわかった。

LiSA

01. Rising Hope 

 最The高。
1曲目から高まるやつでした。

02. crossing field
03. L.Miranic

 コールめっちゃ不安定やんけ!!!って思った。
「Freak Out!」がやっぱりかっこよかったしロックな一面がテーマな曲、生で聴けてとてもよかった。
 歌詞で本当の犯人は「オッ↓オ↑・オッオ・オッ↓オ・オーオオ↓」みたいなとこコール薄かった
次の仙台Rensaどうしようかなと。

04. アシアトコンパス

 ここで「あれ俺LiSAで知らない曲あったっけ!?!?」って焦った。
ここでRising Hopeの「初回生産限定盤・通常盤」のカップリング曲だということを知る。
ちなみに僕が持ってるRising Hopeは「期間生産限定盤」なので3曲目だけ別の曲です。

05. シルシ
06. No More Time Machine

 新曲シルシ来たしこれノーモアタイムマシン来るで!!と思ったら聴けて高まった。
ええ、良かったですとも。

MC  

 LiSAと鷲崎健によるトーク。リスアニ!は前半後半の休憩がない分こういうところで休憩挟むっぽいですね。

 LiSA「第二回からトリをやらせてもらってるからMCをやるのは久々」
「第一回の焼き肉食べたい発言のせいじゃないか」
で会場爆笑。

 相変わらず喉からCD音源のタイプのアーティスト。
歌唱中いきなり座りだしたりしてパンツ見えるんじゃねえかって楽しめるアーティストでした。

KOTOKO

07. TOUGH INTENTION

 白銀の意思 アルジェヴォルンの曲なんだけど「あ~!!!これ曲聴いたけどCD持ってねえやつじゃん!!!!」って後悔した。

08. ハヤテのごとく! 

 予想リストに入ってて、来たら嬉しいなと思ったが来た。生KOTOKOなのもあって聴けてよかった。

09. 覚えてていいよ 

 10年前のデビューシングルやんけ!!っていう。
一応覚えてていた。
流石にアルバムでしか聴いたこと無いけどいい曲です。

10. Re-sublimity

 この曲高瀬一矢作曲でクッソかっこいいんですよ。
まさかライブでやると思わなかった。一応神無月の巫女の主題歌ですね。
サビが高まるんですよ。

11. →unfinished→

 響き渡る八木沼サウンド。
弾いてる人は流石に八木沼じゃなかったけど高まるし好きな曲。

12. ZoNE-iT

 こちらもアルジェヴォルンの曲。こっちは把握してなかったけどいい曲でした。
次でラストだろうな、というのと次来る曲は絶対“アレ”だなぁという予感に期待せざるをえなかった。

13. Light My Fire

 Shout out!!で叫ばずにはいられない。
ウォオーオオ!!(オオーオオ!!)がライブでずっっっとやりたかった。クソ楽しかった。

 UO折ってる人も多かったし、コールの合い方といい、声量といい盛り上がりと言い、「多分みんなずっとKOTOKOの曲わからんかったんやろうな……」って思ってしまった。

MC

 声可愛いなKOTOKO。って印象。
全国ライブ行ってたんだまじかよっていう、そこからの話だった。
面白い話が聴けてよかった。


ZAQ

 アニサマと同様リスアニ!5ラップで登場。
枠的に13.5曲目でしょうね、結構楽しかった。

 L! I! S! A! N! I! 5!
コールだったと思う(ちょっと記憶が曖昧)
やはり見応えがある。

 格好がつなぎみたいなよくわからない衣装なんだけどへそチラしまくってて興奮した。

14. Seven Doors

 トリニティセブン。合唱みたいなのと打って変わってZAQの声が響き渡る感じが最高なんですわ。
サビが良かった。

15. Alteration

 「えっこの曲もう一回聞けちゃうんですか…」っていう。
ZAQやっぱささみさん愛着あるんやなぁっていう。俺はスロットで懲り懲りなんだけど。

16. Philosophy of Dear World

 この曲ライブ4日前に出たばっかりなんだけどめっちゃいい曲なんですよ。
サビ高まる。これコール無いのかなぁと。「理が世を統べる世界で 私は愛を知った」あたりでハイ!とか入れたい。ほんと入れたい。

17. ONE WAY ROAD!!

 流れた瞬間「ほええええええええ!!!!!!?!?!?」っつった。
ノンタイだけどやるんかい!!っていう。めっちゃ好きなんですよ。

 コール確定してるかわからなかった。
こんな私でも声は「聴こえる」
「歌える」「見られる」みたいなとことか
「now everybody move 【hey!】」のとこコールしてたけどクソ楽しかった。

18. Sparkling Daydream

 みんな指を回しちゃってくださいからのこの曲。
OVERDRIVERあたりかなーって思ったらこの曲が来て「あ~この辺でZAQデビューして良かったなぁ……」とか感動に浸りながらブレードぶんぶんしてた。


MC

 鷲崎健とのトーク
鷲崎「ZAQちゃんは本当に天才だと思うんだよね」
「おっぱいおっぱいみたいなアニメの曲から処女!だもんね」
 で大爆笑。ZAQは引いてた。

 ZAQの活動の幅広げたい発言でこれ以上広げようがないでしょw感を指摘されたり楽しいトーク。
登場時のラップは年末書いてたら年越したらしい。

そろそろエキストラレボリューション聴きてえっていう。生ZAQ会うたびほんとワクワクなんですわ。

ClariS

NEXT ARTIST「ClariS」

 この文面がスクリーン上に出た瞬間ざわついて「どうすんだ」「本人出んのか」「またカーテン越し?」
 だったけど俺はそろそろ本人出るだろ~っと思ったらまさかの本人登場!顔は出してないけど

19. コネクト

 カレン追加の新コネクト。違和感なかったし俺は何だかんだで初めて生コネクト聴いたなぁと感動しつつも「まどスロ!ART!完全告知!ビッグボーナス!」とか訳の分からないこと叫んでた。

 ClariSめっちゃ踊ってて可愛かった。踊るんかいみたいな驚きあったけど。

20. border

 憑物語。聴いたばっかりの曲聴くのがなんか新鮮だったけどよかった。気に入ってたし。

 どのタイミングで発表したか忘れたけど
ClariS「ワンマンライブ開催します」
ぼく「しゃべった……!?」

 わっしーとの絡みは無し。


三森すずこ

21. せいいっぱい、つたえたい!

 この曲も半年前になるのか……っていう若干悲しみを感じながら聴いた。

22. サンシャインハーモニー
23. ユニバーページ

 高まり。コールが楽しい。
欲を言えばグローリー!みんなでイエー☆オーッ!!とか聴きたかった。

24. Roller Coaster♡
25. High And Loud

 kz(livetune)楽曲。
みもりん「kzさんが作曲して~」 
とか、kzなんて名前がみもりんから出ると思わなかった。
専門学校HALのCMソング。

 ローラーコースターは新アルバム曲らしいけど遊園地っぽいか?って感じはした。


MC

 さり気なくClariSのMCをスルーしみもりんとのトーク。
1stアルバムから1年後に2ndアルバムって早くねえか。新曲多めらしいから楽しみ。

Kalafina

26. believe

 Kalafinaだからしっとりとしたバラード系来るのかなーと思ったらやっぱつなぎだったから盛り上げてきた。
Fate/stay night [Unlimited Blade Works]の曲です。めっちゃ気に入ってたしアニメ見たばっかだから聴けて良かった。とてもタイムリー。

27. snow falling

 この曲は座って聴きました。もうほんと身体に染みわたるというかご清聴って感じ。

28. oblivious 

 劇場版空の境界。この曲聴いたことなかったんですけどほんっっとかっこよかった。
初見でこんなに気に入ったの久々です。

 隣で友人が「ァ……ア………から……きょ……う……」とか死にそうながらも嬉々とした声で悶てました。

29. 音楽

 Kalafinaでこんなアゲアゲな曲あんのか!?っていうくらいめちゃくちゃ楽しくて高まる曲で最高だった。 普段の曲はコンサートって感じだとしたらかなりライブ映えしますね、めちゃくちゃハイテンションですね。
この曲聴いてnowhere思い出しました。同じ梶浦由記だしほんといい曲作るなぁ……って感動した。
FictionJunctionめっちゃ聴きたくなりました。梶浦由記最高。

30. heavenly blue

 アルドノア・ゼロの曲。最近聴いた覚えのある人も多いでしょう。
こちらも音楽の流れで結構テンション高くて、良い。

31. 未来

 いわゆるマミさんのテーマ。
聴いててほんと心地が良いし励まされる。
俺(ニート)・友人(留年生)・友人(単位ドロッパー)の3人で「俺らに未来はあるのか」と思ったがお互い目を合わせ何も言わなかった。

MC

KalafinaのKeiko、Wakana、Hikaruが何をしたかという質問で

「登山」「水族館」「引き篭もり」

鷲崎「歌のコーラスがめちゃくちゃ合ってたけど3人全然合ってないじゃん!!!」

 Kalafinaの歌唱力本当に何度聴いても素晴らしいものでした、脇がエロくて見ていても素晴らしいものでした。
喉からCD音源タイプの最高峰ですね。
活動は2008年からって聴いて「どんだけ貫禄あんだよ……」っていう。7年どころか十数年は活動してる貫禄があるとのツッコミが。


ここで鷲崎健による物販紹介。トーク面白い人がやる物販紹介はほんと面白い。
鷲崎健「このリスアニ!マグカップ。こちらたくさん残っておりますがこちらも持って帰るのが大変なのでぜひ買ってください。これを買わなきゃリスアニ!ライブに来てないのと一緒ですからね。」

物販色々紹介した後
鷲崎「そして最後はこのアーティストです」

fripSide

映像が流れる。「fripSideです。~」

リスアニ!編集長:西原史顕
副編集長:澄川龍一
とfripSideによるネタ。

「お前らにトリやらせてやるよ。」
fripSide「無理です。緊張でやばいです。」
編集・副編長「やれ」
fripSide「…………わかりました……」

fripSide「アニメタイアップ全曲やります」

 やりとりあんまり覚えてないけど結構笑った。っていう煽りからの全曲やるっていう高まり。

32. black bullet

 いきなり登場からのこの曲。登場前の映像時みんなオレンジ用意してたからオレンジの人も多かった。どっちも正しいんだけどね。
アニサマで南條愛乃が「赤にしたい」って言ってたので自分は赤にしました。
赤・オレンジはちょうど半々くらいでした。

33. Heaven is a Place on Earth

 懐かしいなオイっていうね。劇場版ハヤテの曲をやるとは思わなかった。

34. everlasting

 しっとりした曲。落ち着いて聴ける。
八木沼悟志によるギター演奏。
ジョルノ「初めて見る人もいるかもね」












  若干MCが入る。
「どうもfripSideです」「トイレ行きたい」
という南條愛乃のトイレ行きたい発言で色々とテンションが上がる。

ジョルノ「みんなLiSAがトリだと思ったでしょ?ごめんね」
「だからもしかして始めのLiSAの曲が聴けなかった人もいるかもしれないんだよね」

「なのでわたくし南條愛乃が……僭越ながら……LiSAさんの曲を少し…歌わさせて頂きます

35. Rising Hope (Cover) -TV ver.-

 これでテンション上がらない奴が居ない。もうほんっっっっと高まった。
コールも完璧。
こういうカバーどんどんやってくれ。最高以外の感情を失ってた。
新鮮だしCD化して欲しい。

35.5. それは僕たちの奇跡 (Instrumental)

 八木沼悟志が「それは僕たちの奇跡!!」と高らかに叫んでジョルノが踊るだけという。
序盤のエリーチカパート前でストップ。
sat「ここまでしか音合わせられませんでしたw」

 ジョルノも歌うわけではなく観客が歌+コールをするわけのわからない事態。
南條愛乃「ライブやる度に秘密が増えていく……w」
八木沼悟志「来週ですからねw」
会場爆笑→南條愛乃「ハラショー」


ナンジョルノ「レールガンの曲全部やる時間無いので……メドレーにしました」
八木沼「リスアニ5、完全オリジナルです!!!!」

36. LEVEL5-judgelight- 〜 future gazer ~ eternal reality〜 only my railgun(メドレー)

 ここで間髪入れずにジョルノの「シスターズノイズ!!!」
 

37. sister's noise















 あんまり記憶ないけどくす玉かなんかが爆発する。(画像)
最高の流れだった。あっという間に去って行った。

HesitationSnowとかcome to mindめっちゃ聴きたかった。まぁ単独のライブ行けって話やね。

ED

スクリーンでアーティストの紹介やバンドメンバーの紹介。

NEXT 「リスアニ!LIVE」
2016年1月23日・1月24日 日本武道館にて開催!


 アンコール無しで公演終了放送で終了。(アンコールなんてしたらトリがトリでなくなるし当たり前だが)


本当に楽しい1日でした。以下感想箇条書き。

・アニサマは広く浅くと言うのなら、リスアニ!は深く狭く(?)というか、もっと聴きたいという願望を叶える、まさにかゆいところに手が届くと言った感じ。
・アーティスト数は少ないからこその、とても満足の行くライブ。
・バンドエディションなのでかっこいいし生演奏。
・日本武道館はキャパが大きくないので近い。どの席でも基本当たり。
予習はそれなりに必要です、アーティストを深く知ってれば割りと曲は予想できるかと。
・5,6曲前後やるので知らないアーティストは居ないようにしておきたい。
・チケット発券後のExtraARTISTが発表されるのでアンコールもシークレットも無し。
・トリはMC無し。最後の曲終了後、エンディングでARTISTなどのクレジットが流れ「公演終了」のお知らせ。
・アニサマみたいに「○○ブロックから退場」みたいなのが無かった。そもそも区分けも無いけど。WUG幕張ですら退場指示あったが。退場時混んでたけどキャパ的にそこまで困らなかった。
・休憩無しでMCでつないでいく感じ。


 楽しかったし絶対来年も行きたいし今度は絶対2日間行きたいです。
次回も日本武道館らしいし期待できる。

 最後にこんな良いライブになると思いませんでしたが、
「行きたかった」と言ってくる友人やフォロワーや色々に自戒の念も込めて向けて言います。


「行けなかった?行かなかったの間違いだろ」

ありがとうございました。

コメント

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

【新作レビュー】microSD対応には期待するな、新型Walkman Aシリーズ「NW-A17」の感想