【ライブレポート】あっという間の2時間、悠木碧 Concert 2015「プルミエ!」ほぼ最前列で参加してきました!


 2015年4/19(日)に開催された、悠木碧コンサート「プルミエ!」。
フォロワーのPOWERによって参加することが出来ました。









会場・開演前

 会場は舞浜アンフィシアター。千葉県。新宿から最寄りの舞浜駅まで45分程度。
舞浜駅から舞浜アンフィシアターまでは分かれ道とか多くてかなりわかりづらい。10分くらいかかるが遅刻しそうで全力ダッシュでほぼ勘で行ってた。

 フォロワーのチケにてなんと3列目の席に。神。




















 ぶっちゃけていうとキャパかなり小さめだし、ステージも高くないしほぼ至近距離でドキドキした。
ミュージカル形式って感じっては事前知識といった感じ。

 
 入場したらスタッフから旗もらいました。




















 紙で出来てるし柄の部分も脆い。


セトリ

 開演18:00の予定がかなり押して18:17頃に開始。
全員座ったままの清聴でした。


01. ハコニワソレイユ

 プティパ枠。

 ステージの真ん中が空いて下からベッドとかのセットが登場。
なんとあおちゃんが天井から吊るされて降りてくる。

4連番の俺達「……!(4人全員かがみ始める)(見えそう)」

キラキラ光る装飾の白いドレスでした。見えそうでたまらんかった。
吊るされていたあおちゃんがベッドに着地する時よろめく、会場失笑。


曲としては「あーこういう感じ流れで行くのかな」みたいな感じ。


02. 回転木馬としっぽのうた

 プティパ枠。

 曲調が明るくなると共に太陽と月のセットがスクリーンの前あたりに出たり(場所的にスクリーン側見ることかなり少なかったです)、
猫姿のダンサーが出てきたりしました(可愛い)


03. ビジュメニア

 イシュメル枠。

 結構テンション上がる曲だし好きな曲だったけど周りも結構静かに聴いてた。
曲が終わって
会場
「あおちゃーん!!!!(怒声)」
悠木碧
「し~……」
ステージの人形(アリス)を取る。


04. Baby Dolly Alice

プティパ枠。

 めちゃくちゃ好きな曲だったので高まってペンライトぶん回してたかったけど、なによりあおちゃんが可愛くて見とれてたので途中振るのを思わず忘れてたりした。


 曲中のシリアスっぽいとこの歌い方もほんと鳥肌モノでした。
そのシリアス部分で天井からマネキンみたいな人型の人形が降りてきてめちゃくちゃ怖かった。
あおちゃんが向かい合ってそのまんま上に登ってスタッフさんが回収するとこまで見届けてました。


MC


悠木碧
「みなさんこんにちは(優雅な感じで」

会場
「こーんにちはぁあああああ!!(今までの雰囲気をぶち壊す気持ちの悪い怒声の数々」
悠木碧
「本日は悠木碧1stコンサートプルミエ!にお越しいただき~(略」
「夢の世界の案内人を務めさせていただきます悠木碧です。みなさん乗り遅れていませんか?(人形を指して)この子は、私の世界のお友達アリス。大勢の方に見られてドキドキしているかも。」
会場
「可愛いよぉおお!!(同じく気持ちの悪い怒声)」

悠木碧
「あら、嫉妬しちゃいますよ。」

会場
「あおちゃんんんっっがわいいぃぃ!!!(もう何言ってるかよくわからんかった)」

悠木碧
「1曲目はこけてしまいましたが太陽の世界を夢見た女の子の曲。(2曲目と3曲目の解説もあるけど覚えてない)
4曲目はアリスと2人きりになった(なりたかっただかなってしまっただかそんな感じの説明)」

会場
アニメイトで聞いたよぉぉおお!(厄介系オタクがはしゃぎ始めてうざかった)(返答貰えて羨ましい)

悠木碧
「……アニメイト?いや、私は夢の世界の住人なんでちょっとわからないですね……」

会場
「一緒に行こおおお!!(この手のオタクが騒ぐあたり新規コンテンツに食い入るクソオタクってやっぱクソだなって思った)」

悠木碧
「いや、私は夢の世界の住人で出れないので」

会場失笑、正直オタクがうざすぎて笑えなかったしあおちゃんもこういうのに反応しないで欲しい。

悠木碧
「光るライトをお持ちでしょうか。振ってくださると夢の住人が大変喜びます。無い場合は手でも結構ですので、恥ずかしがらずに、後ろの方の迷惑にならないよう手元あたりで振って下さい。振ってくださると「間違ってないんだな」と安心します。」


05. サンクチュアリ・アリス

 メリバ枠。

 明るそうな曲調で結構しっとりしてるこの曲。
こちらは皆、前曲と打って変わってじっくり聴いていくスタイルを決め込んでました。

最後のほうでアリスを降りていくステージに投げ込む。さっき友達っつったやんけ!


06. アールデコラージュ ラミラージュ

 イシュメル枠。

 この曲は非常に展開が大きい曲で音楽も壮大で世界観を描いてるような感じなので非常に聴き入ってしまいました。

天井から巨大な魔女が降りてくる。
魔女のデカくて黒いドレスがあおちゃんの顔に「ボフッ」と擬音が似合うように覆いかぶさってしまって、ちょっと凄い顔をしつつも歌を辞めなかったあおちゃんという一連の流れが今回のライブ最大の見どころだったように思う。


07. ソラミミPiZZiCATO

 イシュメル枠。

 あざとい声をずっと出し続けててほんと可愛くて死ぬかと。
ほぇ?とかは生だったか覚えてない。


08. SWEET HOME

 イシュメル枠。

 この辺はもう静かに聴いてましたね。
曲調的にもかなりゆったりしてますし。


09. twinkAtrick

 イシュメル枠。

 ふぉーりんだーうーんとか可愛い曲。
この曲の途中であおちゃんがステージ下へログアウト。
曲が終わるまで居ませんでした。



「たゆたうかなた」が流れて(覚えてない)つつ、抽象的な世界観を物語るようなナレーションが入る。
 ショートストーリー。(?)

 
……現実は夢…
夢は現実―――。

結構長かったけど全く頭に入ってこなかったし「いや~あおちゃん今着替えてるんやろな!!うっひょ~!!たまんねー!!」とか考えてた。(失礼)


10.迷宮舞踏会

イシュメル枠。

 怖そうな曲調で始まるけどめっちゃ可愛くて御機嫌で、不安定なゴシックメロディが混ざってるくせになるこの曲。ま~~~とにかくあおちゃんが可愛かったですね。はい。

この曲1つで歌い分けが激しいシーンがありますが迫真の歌唱に圧倒されました。
迫力ありますし鳥肌立った。(オタクはすぐ鳥肌立つ)

黒い衣装になってクソ可愛いんですがダンサーとかも確かいっぱい居たりで楽しい雰囲気。


11.ダスティー!ダスティーストマック

 イシュメル枠。

「は~この曲聴きたかったから聴けて良かった~」とか思ってたら

悠木碧
「みんなのところに行っちゃうよ!」

俺達「!?!?!??!?」

普通ライブとかだとトロッコとかでやるのにまさかの徒歩。
ステージに向かって左側から降り始めて「これは来たな……!?」と思っていました。

 僕達の「予想した」完璧なルート
 (顧客が本当に必要だったもの)



















実際のルート



















俺達「まあそうなるよね……」
こんないい席に居たらそりゃ期待するっての。

なんとあおちゃん、途中からみんなとハイタッチしてました。
羨ましいどころの話じゃない。裏山死というのを実感した。

全然関係ないけど某KAC音ゲーランカーのDJ MADOKA氏がハイタッチしたって聴いて僕は。僕は。


12. ロッキングチェアー揺れて

イシュ枠。

 こう必死に歌ってる感じの出る曲みたいなの好き。

終わって寸劇。

悠木碧
「もうこんな時間!?」

おばあちゃん
「もう起きたの?」
悠木碧
「おばあちゃま、変な夢を見たの!」


みたいな流れ。(あまり覚えてない)


13. Angelique Sky


 イ。

 アゲてきました。
ただあおちゃんが途中から上がってきた(衣装着替えてもなかったような記憶)

まさに「天使だ~」って感じ。


14.クピドゥレビュー

 がをられ。

俺「ぬをおおおおおおおおおおおお!!!」
全員テンション上がる。
立ち始めるオタクや雰囲気完全無視してUO折り始めるオタクも少なくなかった。

あおちゃんも「ハイ!ハイ!」と煽ってきて唐突に高まる。
みんな配られた旗振ったりしてました。

正直「どのタイミングで来るのかな」って思ってて「この雰囲気続くんならやらないんじゃね?」っていう疑いすらあった。


15.ポポン…ポン!

メリバ。

ポポンポン!って楽しかった。


MC2

悠木碧
「プルミエ!にお越しいただきありがとうございました!
まだまだ騒ぎ足りないって?最初からこういうもんだって言っただろぉ~!ww

いい笑顔と良い声でかましていく。

悠木碧
「あっという間でしたがこれにて夢の世界とはお別れになります。」

会場
「え~~!!!」

悠木碧
「ここで終わりにしとかないと(アンコールで)別の曲やれないでしょ!あっここ全部カットでお願いしまーす!」

会場爆笑。セリフの言い回し曖昧だけどこんなノリでした、こんなこと言っていいのか正直わからないけど面白かった。


その後バックダンサー紹介。

悠木碧
「○○ちゃん!好きな野菜はトマト、それは私か!うぇひひひひ!wwwwww」

テンション上がり過ぎてて笑い方がキモオタのそれと変わらなかった。メンバー紹介全部こんなテンションでした。

魔女役(?)の紹介もあったけどやっぱでかくてビビった。

悠木碧
「もうあなた達も夢の住人です!」


(アンコール)


悠木碧
「お待たせー!ちょっと違うけどお揃いのTシャツに着替えてきました!(エロい)
静かに始まり静かに終わりましたね。
星買ったのに使いどころねーよ!旗も使ってない!とか思ったと思うけどちゃんと使う所あります!」


会場
「立っていいーー!?立っ立っていいていいーー?!

まるで幼稚園の先生を困らせるような甘えたがりのクソオタク共が見かけこそ女の子に向かってお願いする様は魑魅魍魎の地獄絵図だった。

悠木碧
「一斉に喋ったら分かんない!!!なに゛ぃー?!!!(怒)」

その後「立っていいよ!」と。座り必須だったわけでも無かったと思うけど。(わからん)


En.01
16. ジェットコースターと空の色

純粋にぶちあげて来た。テンションめっちゃ上がってました。


En.02
17. 時計観覧車

シャウトみたいな部分がめっちゃ良かった。
長めに「あぁ、あぁーーー!!!!!!!!」って聴けたの最高だった。


悠木碧
「みんなありがとう!
もう1曲あるんだけど、この曲は飛ばなきゃいけないから待ってて!」


En.03
18. I Can Fly!

 超楽しかったです。
ダンサーさんがめっちゃ飛び跳ねてたりで逆に圧倒された。
サビ前のブレイクみたいなのほんっっとたまらないですこの曲。


悠木碧
「なんとかここまで演じ切りました!やりきました!みなさんの声援のお陰です!またいつか夢の世界に来てください!」

アンコール込みで20:00頃終演。

感想


まぁ、正直いつも言ってることなんですけど

最高。

 多分今回今まで経験したライブで一番キャパ狭いんじゃないかな―とか思ってた。
2階とかも無いし。3列目っていうのはかなり神席でした。だってステージ上の小さいアーティスト用のモニターにある歌詞見えたもん。
会場が傾斜になってるとは言えステージが高さ50cmくらいしかないんじゃねえかみたいな身近さがやばかった。

 あおちゃんとはこの距離なのに目が合わなかったんですがダンサーさんはニコニコでこっち何回か見てくれました。嬉しいけど。嬉しいけど。

 基本的にイシュメルを中心とした曲でのミュージカル形式だったんですが、プティパも結構やってくれたのがめちゃくちゃ嬉しかったです。

 絶対やらないけど「1st Love宣言」聴けたら僕は昇天出来るし就職だってしちゃうね。キャラソンだからやらんだろうけど、だからこそなんかの機会で聴けたらめっちゃ嬉しいよね。


 アンコール曲中(多分時計観覧車)にクラッカーみたいなの爆発して☆マークのプティパロゴ入った紙みたいなの落ちてきたんですが、取りたかったけど取れませんでしたね。


 純粋にまたみたいなぁと思えるライブもといコンサート、ミュージカルでした。
ほっちゃんの時も思ったけどミュージカル形式なの、凄くいいです。
 ほっちゃんとかと違うのはファンタジーっぽく、世界観をかなり大事にしている印象ですね。

 旗の指定が具体的に無かったんでよくわからなかったので終盤とアンコールあたりからずっと振ったりしてた。

 あおちゃんが可愛くて、衣装が可愛くて、雰囲気が良くて、演出が良かった。
非常に満足です。


セリフの部分とかかなり雑ですが以上です。ここまで読んでくれた人ありがとうございます。

コメント

このブログの人気の投稿